角質が柔らかくなるタイミング

下着などの摩擦によって黒ずんだバストトップを着色して、綺麗な桜色にする近づけてくれるとして人気が高いさくらトップスですが、使い方によってはあまり効果が見られないというケースもあります。

 

 

 

さくらトップスの効果を実感するためにも、まず知っておかなければいけないのが、さくらトップスが肌に沈着したメラニンを落としてバストトップの色を桜色にする作用があるわけではないということです。

 

 

 

先述したようにさくらトップスは黒くなっているバストトップにパウダーがつくことで桜色に着色する作用があるパウダーですので、効果は一時的なものとなります。これを知らずに使っていると効果が見られなかったという感想を抱いてしまうことになるのです。

 

 

 

ただし、さくらトップスには着色以外にも植物成分やビタミンCなどの美容成分が配合されていますので、バストを刺激から守り、黒ずみの予防効果がありますので使い続けることでバストトップのケアをすることが可能です。

 

 

 

こうしたことを踏まえた上で最も効果的な使い方ですが、基本的には入浴後の清潔な状態でバストトップに塗るだけの簡単ケアで十分な効果をえられます。乳首の角質が潤って柔らかくなっているタイミングが良いでしょう。

 

 

量の目安は専用のブラシでパウダーを3〜4回往復させたくらいで大丈夫です。
指でパウダーをつけるよりも専用のブラシの方がムラがなく塗れるため効果的となります。