さくらトップスとホワイトラグジュアリーを比較

さくらトップスとホワイトラグジュアリーの1番の違いはバストトップをピンクにする
作用の違い
です。

  • さくらトップスでは天然成分による着色効果
  • ホワイトラグジュアリーでは色素沈着を抑える効果

によりバストトップをピンクへと導きます。

 

どちらもゴールは同じですが処方が違うのです。

 

 

そのため、
「根本的にバストトップをピンクへと戻したい」なら
ホワイトラグジュアリー

 

「即効でピンクにしたい」なら
さくらトップス

 

となります。

 

さくらトップスとホワイトラグジュアリーの特徴の違い

さくらトップスは塗ってすぐに黒ずみが気になる部分を桜色にしてくれると話題の商品です。
べたべたせず、きれいなつや感が得られるということでも人気です。

 

唇に使う女性が多いですが、バストトップ専用クリームです。

 

さくらトップスで自然なきれいな色になるのはベニバナエキスによる着色効果

 

ベニバナ天然色素で透明感をアップしてくれます。

 

さらにさくらトップスの大豆ステロールはバストトップを刺激から守り桜エキスをはじめとした14種類の植物エキス配合で、下着などの摩擦から肌を守ってくれます。

 

 

使い方はお風呂上りなどの清潔な肌に付属の筆で適量塗ります。バストトップだけではなく、唇にも使える商品です。

 

ホワイトラグジュアリーはメラニン色素を抑える

ホワイトラグジュアリーは黒ずみの原因となるメラニン色素の増加を抑え、代謝サイクルを促進させて美しい肌に近づけてくれる美白化粧品です。

 

 

生ビタミンC、水溶性ビタミンC、油溶性ビタミンCといった3種類のビタミンCが使われており独自処方により、メラノサイトの発生源基底層まで浸透が可能となっています。

 

 

さらにヒアルロン酸やプラセンタなどの女性に嬉しい美容成分も豊富に含まれ、バストトップだけではなく、顔や脇、ビキニラインなどの黒ずみが目立つ部分に使うことができます。

 

 

肌に刺激を与える成分は一切不用となっており、デリケートな部分にも安心して使えるようになっています。

 

 

どlちらもバストトップを美しくする商品ですが、その効果や配合されている成分はまったく違いますので、それぞれの目的や好みに合うものを選びましょう。

さくらトップス成分ベニバナ天然色素の着色効果と安全性とは?

さくらトップスの成分であるベニバナの原産国は、インドやエジプト、アフリカなどが推測されていますが、遺伝子情報ゲノム解析により中近東アフガニスタン周辺とされています。

 

 

ベニバナ天然色素は、ベニバナの花より、室温から微温湯でベニバナより抽出して得られる色素です。ベニバナ天然色素の主色素は、カーサマス黄色素とも呼ばれフラボノイド系カルコン構造を有するフラボノイド系のサフロミンであり、pH2の強酸性からpH7の中性においては色調変化は無く着色効果は高く、耐光性や耐微生物性に優れているとされています。

 

 

又、フラボノイド系サフロミンより、黄色色素を除去し弱アルカリ性水溶液で抽出した天然色素がベニバナ赤色素カルタミンであり、カーサマス赤色素とも呼ばれるカルタミンはベニバナに含まれる色素の1%にあたります。

 

 

乾燥させたベニバナの花は、紅花と呼ばれ葛根紅花湯や滋血潤腸湯、通導散などの漢方方剤に配合され、血行促進や便秘改善などの作用がありベニバナ天然色素は安全性が高いとされています。

 

 

古来より国内では、高級な衣料品や化粧の紅、高級和菓子に使われていますが、現在でもベニバナ赤色素やカーサマス赤色素、フラボノイド色素、紅花色素などの表示で食品の着色料として使用されている。

 

ホワイトラグジュアリーは医薬部外品

ホワイトラグジュアリーはピンクリボン運動にも参加している会社による医薬部外品です。

 

医薬部外品とは緩やかではあるが、効果が確認されている商品です。

 

 

バストトップの黒ずみを色素沈着面から抑える
スーパーVCT処方で有名になりました。

 

 

使える場所もバストトップの他に
顔、ビキニライン、ワキ、ヒジ、ヒザなど

 

全身どこにでも使えます。

 

今月
先着300名に限り90日間の全額返金保証が付いています。

さくらトップスの口コミ10個

ピンクの可愛いらしいバストトップへ導く、さくらトップス。
使用感、効果、香り、どれも気になりますよね。気になる口コミ10個要約は以下の通りです。

 

「メイクをしなくても顔の印象が明るくなり、ナチュラルな雰囲気に。口紅の下地に使うと発色がきれいに出ます」(30歳・乾燥肌の方)

 

 

 

「バストトップに塗るとしっとり保湿してくれて、黒ずみも若干薄くなりました。ほんのり香るピーチに癒されます」(18歳・乾燥肌の方)

 

 

 

「バストトップと唇と両方に使えます。色だけではなく気持ちまで明るくなります。ひとつで3か月ほど持ちます」(41歳・普通肌の方)

 

 

 

「しっとりして濃厚なクリーム。かわいらしいピーチの香りがすごく良い。載せるとほんのりピンクでツヤが出ます」(24歳・脂性肌の方)

 

 

 

「添付ブラシで塗るだけなので簡単。伸びがよく刺激はありませんでした。塗るとツヤが出てかなり印象が変わりました」(35歳・敏感肌の方)

 

 

 

「バストトップと唇のケアに。乾燥して皮むけしていた唇がみずみずしくなりました。しっかり潤うので使用感に満足しています」(23歳・乾燥肌の方)

 

 

 

「興味本位で購入しましたが、唇にも使っています。ほんのりピンクでかわいい」(37歳・普通肌の方)

 

 

 

「バストトップを擦れから保護してくれます。乳首は少し色が薄くなり、乳輪は明らかに薄茶へ薄くなりました」(24歳・混合肌の方)

 

 

 

「ベニバナエキス配合なので自然なピンク色が出ます。下着などの摩擦から保護してくれたり、保湿効果もあります。コスパも良さそう」(23歳・混合肌の方)

 

 

 

「こってりしたバーム。一か月ほど使用しましたが、くすみも取れて自然な明るさに。約3か月使えてコスパも良いです」(36歳・乾燥肌の方)

 

さくらトップスまとめ

口コミから分かるように、唇にも使用できる優秀な保湿ケア用品のようです。

 

4gの容量と、少なめに感じますが、添付のブラシを使用すれば無駄に使う心配が無く、一つで3か月ほど使用できるという口コミもあり、コストパフォーマンスの面からみても優秀ですね。

 

保湿成分である大豆ステロールと、桜エキス、ビタミンCを配合しており、塗布した部位を、刺激から守り、潤いを与えます。
さらに、天然色素のベニバナエキスを配合しているので、ほんのりと可愛らしいピンク色に。

 

バストトップが黒ずむ原因は、擦れなどの摩擦によりメラニン色素が沈着してしまうから。
しっかりとした保湿で、敏感なバストトップを優しくケアしてあげましょう。

 

 

体の悩みは人それぞれ違いがありますが、特に女性はバストのことで悩む人は多くなっています。
バストの悩みはとてもデリケートなものがありますが、形の美しさや大きさはもちろん、バストトップの色で悩む人も少なくありません。

 

バストトップは日本人の場合は白人女性と比べると色が濃い傾向にありますので、過剰に気にする必要もありませんが、出産後の黒ずみ、下着などの擦れによる黒ずみで悩む人も多いものです。
もともとの色は改善は難しいというイメージもありますが、毎日のお手入れでより明るいきれいな肌に導いていくこともできます。

 

お手入れには専用の化粧品が便利ですが、バストトップは体の中でも特にデリケートな部分ですので、安心して利用できる良質な商品を選んでいきましょう。

 

バストトップをきれいにする化粧品も色々な種類がありますが、さくらトップスやホワイトラグジュアリーは特に人気の高い商品です。
そしてそれぞれ特徴がありますので、違いをよく比較して最適な商品を選びましょう。